• Home
  • ワールドチョコレートマスターズ

ワールドチョコレートマスターズ

10年もの間、カカオバリーはワールドチョコレートマスターズを世界中の職人を対象に運営してきました。将来有望な職人達に課せられるのは、あるテーマに沿って制限時間内に芸術作品を完成させるという難しい仕事です。

ワールドチョコレートマスターズでは、創造性に富んだ最高級製品の使用法を提案したり、新しい製品を提示したり、意外な食品の組み合わせを提案したり、食感や風味を工夫するなどして、つまり、革新的なチョコレートを提案することで、シェフ達にとって世界的な名声を手に入れる機会が与えられます。ヴィンサント・バレが、新ワールドチョコレートマスターです。

フランスのヴィンセントヴァレが新しいチョコレートマスターに

フランスのヴィンサント・ヴァレが、パリのワールドチョコレートマスターを勝ち取りました。これから3年間、彼は世界一のチョコレート職人のタイトルを保持できます。
「ワールドチョコレートマスター選手権の間、ヴィンセント・バレがチョコレート界に新風を吹き込んだ」と著名なシェフと食品専門家で構成された審査員のトップであったジャン・ミッシェル・ペリュションがコメントしました。「ワールドチョコレートマスターの称号は、決勝で彼が見せていた技術、独創性、ヴィジョンへの賛辞である。」
ヴィンセント・バレは、パリでサロン・デュ・ショコラの称号を得て、景品としてココアのプランテーションへの珍しい旅をすることができます。更に、選手権での自分の作品をロンドンのハロッズデパートに飾ってもらい、2/1から始まるバレンタインセールの間独占販売として売りに出すことができます。そして、5000ユーロと5000ユーロ相当のキッチンエイドの賞品ももらうことができます。

2位とソーシャル・メディア賞

2位は日本人の小野林範(おのばやしひさし)、3位はベルギーのマライン・コートジェンス(Marijn Coertjens)になりました。そして、決勝戦で一般人から最も多くの票を得た人に与えられるソーシャル・メディア賞はブラジルのディエゴ・ロサーノ(Diego Lozano)が受賞しました。受賞者達は、スポンサーのワールドチョコレートマスターズによって準備された賞金を手にすることができます。

ノワール・トロフィー(My Or Noir Trophy)

式典の間、誰もが欲しがるマイ・オール・ノワール(私の黒い黄金)というトロフィーは、ロシアのアンドレイ・カナキンに審査員によって手渡されました。500キロの特別なチョコレートを持って帰るのです。

 

特集動画