170年もの歴史と伝統

  • Home
  • 170年もの歴史と伝統

170年もの歴史と伝統

全てが始まったところ:プランテーション

1842年に、チャールズ・バリー氏は、カカオ豆を見つけ世界初のチョコレート専門家となるべくアフリカに赴きました。ラテン・アメリカに拠点を広げ、カカオバリーは生の天然材料を繊細なカカオやチョコレートに精製する道筋を完成させることができました。

カカオバリーの年表

1963年 ベーキングスティックと有名なパン・オ・ショコラの同時発明

1973年 個別の支援とプロフェッショナルたちへの補助をするために、ユアデモンストレーションパートナー(Your Demonstration Partner)というブランドの始動

1976年 カカオバリーは、パートナーとして初めて職人用流し型を広めたブランドとなりました

1988年 チョコレートを初めて、便利なピストルズの形にし、提供しました。同時に、ポリカーボネート製のボンボン型を流し型の商品ラインに増やすことで、職人の製菓創作をより多様化しました。

1989年 革新的な「ペレッテ・フィユティーヌ」の発明。今日では、この商品は有名なロイヤルショコラ(Le Royal Chocolat)のレシピでも欠かせないものとなっています。

2003年 Mycryoカカオバターの開始-カカオ豆から採れる純粋な脂肪

2006年 プランテーションラインの開始-ユニークな香りや風味を深めていくために、このチョコレートのためのカカオ豆は一箇所からのみ出荷されています。

2013年 現地のプランテーションの葉や土からチョコレートの深みを生み出す天然の発酵体を見つけました。この発見により、カカオバリーはQ-フェルマンタシオンという独自の発酵法を生み出し、カカオ豆が本来持つ豊かな香りを最大限に引き出すことができるようになりました。

2015年 カカオの風味を守り、カカオに関する知識を広めるために、新たな梱包を始めました。