作業性 & 用途

Q: この製品の特性は、通常のチョコレートと同じですか?

A: ホールフルーツは、他に類を見ないチョコレートです。作業性における重要な違いは、このフレッシュでフルーティなチョコレートをテンパリングする際、または溶かす際には、40°Cという最大温度を守らなければならないという点です。 作業環境が過度に高温または高湿の場合、チョコレートに影響が出る場合がございます。作業性についての詳細な情報は、こちらからダウンロードしてご覧ください

Q: 流動性は?粘度は高い?

A: 「エキストラビター グアヤキル」と同等です。粘度が増加した場合は、元の流動性に戻るまで攪拌を行っても構いません。

Q: この製品は、クリームとよく混ざりますか?それとも、口当たりが悪くなりますか?

A: ホールフルーツチョコレートは、乳製品を用いる、用いないにかかわらず、あらゆるペストリー用途にお使いいただけます。

Q: 型抜きボンボンには使えますか?

A: ホールフルーツチョコレートは、独自の結晶化曲線を守れば、モールディング、フィリングやガナッシュ作りなどの製菓用途にも最適です。加工性についての詳細な情報は、こちらから入手いただけます。

Q: 焼成には適していますか?ベーカリー製品に使用できますか?

A: 他のタイプのクーベルチュールチョコレートと同様に、ベーカリー製品にお使いいただけます。また、同様に、用途によって出来上がりは異なります。

Q: 飲み物用途 - 温かい飲み物にしてもフルーティな風味は残りますか?また、どんな液体の配合がおすすめですか?

A: 本製品は、温かい飲み物、冷たい飲み物両方でテスト済みで、どちらも作業性は良好です。加工後も、特徴的なフレーバープロファイルと色は保たれます。

Q: アイスクリーム用途 - 0°C以下で使用した場合も、味わいは感じられますか?アイスクリームやソルベ作りに使用できますか?

A: ホールフルーツチョコレートは、どちらの用途にも非常によく適しています。0°C以下でも、特徴的なフレーバープロファイルはよく感じ取ることができます。

Q: アイスクリーム用途 - 0°C以下で使用した場合も、味わいは感じられますか?アイスクリームやソルベ作りに使用できますか?

Q: アイスクリームのディッピング - 職人によるアイスクリームのディッピングにホールフルーツは適していますか?

A: 周囲湿度によりチョコレートの粘度が増加してしまうため、ホールフルーツチョコレートは、職人の手作業によるディップにはおすすめしません。作業性についての詳細な情報は、こちらからご覧いただけます。