ワールド チョコレート マスターズ

フュートロポリス | 未来のチョコレートフレーバーを探して

ワールド チョコレート マスターズ

カカオバリー ワールド チョコレート マスターズ

世界的な名声

カカオバリーは、3年に1度開催される職人のためのコンテスト、「ワールド チョコレート マスターズ」を主催しています。 世界中から集まる参加者が激戦を繰り広げるコンテストは、職人たちの認知度を高め、一人ひとりのビジネスの発展へとつながります。 優勝者、出場者、日程をご覧ください。

2018年ワールドファイナル総集編

ようこそチョコレートの決戦へ 「ワールド チョコレート マスターズ」2018年ワールドファイナル総集編。世界最高峰のシェフたちが繰り広げた興奮と感動のストーリーを、その驚くべきクリエイティビティとともにお楽しみください。 カカオバリーのチョコレートのみが使用されたパティスリーやボンボン。インスピレーションを誘う見事な作品ばかりです。

「ワールド チョコレート マスターズ」のウェブサイトへ

2018年のワールド チョコレート マスターに Elias Läderach

2018年ワールド チョコレート マスターに見事輝いた、スイスのチョコレートマスター Elias Läderach(エリアス・レダラッハ)。 スピード感あふれるテクニック、妥協を許さない確固たる態度、完璧な判断力と実行力が、審査員の高い評価を得るに至りました。

極めて精巧で献身的な仕上がり。想像を絶するフォーカス
とテクニック。まさにチョコレート界のウサイン・ボルトです。 細部へのこだわりは、第二の天性といえるでしょう。 全体として素晴らしい完成度、クリーンでシャープ、完璧なパフォーマンスです。

(審査員コメントより)

輝かしいショーピース

自身の作品に満足する Elias。彼は次のように語ります。 「砂糖の分量に特に気を遣いました。 作品に使用している糖分は4%で、今日一般的に用いられる平均的な分量の4割しか使用していません。 新鮮なフルーツを用い、エレガントに仕上げることができました」。

決勝での作品は、Elias にとって真の芸術表現だと言います。「3D ペイントのようなものです。 『静』と『動』の間に存在するダイナミズムを表現したいと思いました。 内側に配したのは『静』の象徴としての女性。 軽やかに舞うリーフは『動』を表現しています。 チョコレートアートへの愛と情熱のすべてをこの作品に反映させることができました」。

栄誉あるワールド チョコレート マスターの作品は、高級百貨店として世界に名高いロンドンのハロッズに展示されます。

準優勝

銀メダルはフランスYoann Laval(ヨアン・ラヴァル)に、また銅メダルはアメリカFlorent Cheveau(フロラン・シュヴォー)にそれぞれ輝きました。

出場者たちのレシピを見る

フュートロポリス

最終選考の課題「フュートロポリス(Futropolis)」は、ガストロノミーにおけるチョコレートの未来を考えさせるテーマです。 出場者には、未来の都市文明が人類の暮らしや食生活にどのような影響を与えるのか、そのためにチョコレートができることとは何かを表現することが求められました。 審査員が特に重視したポイントは、チョコレートを使用した斬新な味のコンビネーション、未来的なビジョンを反映させたパティスリーのコンセプト、商材としてのパティスリーやチョコレートのプレゼンテーションを定義するこれからのデザイン言語の3つです。 消費者の嗜好やトレンドの変化を考慮し新技術を用いるという課題が、決勝戦に残された出場者たちのクリエイティビティに反映されています。